時が過ぎて花をつけたあなたの

あなたが個展を開いたときに、V6の岡田くんは言いました。「続けるって才能だよな」と。あなたには誰よりも「続ける才能」があるのですね。

 

例えば、私はあなたのダンスが上手い理由が、ダンスの才能があるからだとは思いません。だってあなたのダンスが上手いのは、ダンスを上手く踊る努力をしたからではないですか?あなたの歌が上手いのは、歌の才能があるからではなく、歌を上手く歌う努力をしたからではないですか?もちろん、持って生まれたセンスがあってのことだとは思います。それを時に“天才”という言葉で褒められたこともあるでしょう。でも私は、あなたをその言葉だけで片付けるようなことはしたくありません。だって、センスは磨き続けなければ光らないのですから。小学生の頃に、自分より絵の上手い子がいて、悔しくて練習したと聞きました。あなたはきっと、誰よりも「描いた」。それと同じで、きっと誰にも見られていないところで誰よりも踊って、誰よりも歌っていたのでしょう。それを他の言葉で表すなら「ダンスを踊り続ける才能」「歌を歌い続ける才能」「絵を描き続ける才能」でしょうか。天は人に二物を与えないと言いますが、あなたが天から与えられた才はきっと「続けること」なのだと思います。

 

デビューする気がなかったあなた。京都から帰りたくなって舞台中に静かに泣いていたあなた。デビュー3年目にして芽が出ない現状を、今ある全てを捨てても打破したいという提案に、首を縦に振らなかったあなた。2006年から10周年を迎える2009年まで、嵐を辞めたかったあなた。どれも私がリアルタイムで見てきたあなたでは、ないです。それでも、そんな話を聞くたびに涙が出ます。辛く重く苦しかったときに、目の前にあることを「頑張り続けてくれた」あなたに、です。嵐のリーダーで居続けてくれているあなた。辞めたかった嵐で居続けてくれているあなた。もう辞めたいと思うことはないみたいですが、それでも「居続けてくれる」ことへの感謝は忘れたくないし、忘れるべきでもない。前に二宮さんが「新しいことにチャレンジするより同じことを続けていくことの方が難しい」ということを言っていました。あなたが、嵐のリーダーとして「続けること」を率先してくれて良かった。私はあなたを尊敬しています。飽きたら投げ出したり、意志を途中で曲げてしまったり、なんていうあなたの姿を私は見たことがありません。

 

 

 

 

 

 

 

大野智さん。

38歳の誕生日おめでとうございます。

強くて優しいあなたが大好きです。

「嫌い」は「好き」の証明である

そもそもこの、最後の長尺の挨拶が久しぶりだったのだ。

無かった年だってその分、他の形で気持ちを伝えてくれていたから大満足だった。

 

ただ、5人がスポットに照らされて立った時。今年は、5人の気持ちが「言葉」で聞けるのかと、少し胸が騒いだ。

あぁ、順番が回ってきたら、この人は何て言うんだろう。

 

 

 

「この20年5人でやってきてどうでしたか?っていう質問が、僕は大嫌いです。最近よく聞かれるんだけども。じゃ、お前らに分かるんだな?と」

 

今日のお礼を述べた後、すぐそう言った。

(あ、私今からこの人が言うこと、絶対に忘れたらダメなんだ)と思った。それはもう、直感とか本能とかそういう類のもので。会場にいる5万人の、呼吸が止まった気がした。いや、私が息を吸うことを忘れていただけかもしれない。

 

「甘っちょろい20年じゃないし、人生ぶん投げて20年肩組んで、1日1日過ごすっていうのは、たぶんこの4人しかわからない。」

「翔ちゃんも言ってたけど、その4人が、減ることもなきゃ、謎に増えることもなく。やってこられたっていうのは財産だなと。」

 

そうだった。二宮和也はいつもそうだ。

ずっと見てきたから、ずっと聞いてきたから分かるよ。あなたが、誰よりも嵐のことを信じていることを。あなたが、誰よりも嵐のファンであることを。あなたが、誰よりも嵐を想っていることを。だって、そうでしょう。「5人」って言ってもいいところを「4人」って無意識に言う癖も知っているんだよ。私はこの癖が結構、ていうかだいぶ、好きなんだ。ニノの瞳には、20年間ずっと変わらず4人が映っているんだね。…そんで私、やっぱりパンフレット読んでから行って正解だった。というのもこの挨拶とパンフレットのインタビューにはちょっと関連性があって。今回のパンフレットにはちょうど、20周年を迎えたことに際してファンやメンバーや家族や友達、先輩後輩、ジャニーさんに対してのありがとうの思いを聞かれるページが5人それぞれにあった。それ読んだときには、本人も言ってる通り「この面倒くささが二宮和也だ」なんて思っていたけど(読めばわかる)。もちろんそんなニノが好きなんだけどさ。初日の挨拶、めんどくさいこと言うなぁなんて、1ミリも思わなかった。不思議だね。それと、パンフレットの翔ちゃんのニノに対する文面が、これほどこの挨拶を表してることもないんじゃないか。私は、あの翔ちゃんが紡いだニノに対する言葉が、思いが、一番好きだ。基本的な物事の捉え方が違う二人が、初日の挨拶でこぼす言葉は同じだった。「この5人で変わらず、共に歩んでこれたことが財産である」と。ニノは、というかまあ他の4人もそうだろうけど、「この5人がいればいい」んじゃないんだよね。「この5人じゃないとだめ」なんだよ。「謎に増えることもなく」っていうニノの言葉は、本人もちょっとしたユーモアのつもりだったかもしれないし、会場も少し笑ってたけど、結構大事なことだ。二宮和也はもし嵐が4人になったら辞めるだろうけど、6人になっても辞めるような人だから。挨拶を聞いてる間、そりゃ涙は止まらなかったけど、別に意外だったことは一つもない。でも改めて、というか、あんなにストレートに嵐を語ってくれることってなかなか無いから、ハッとしたのは事実だ。でも、ずっとそうなんだ。二宮和也は。「4人にしか分からない」って思ってることも分かってるよ。分かりきったことの確認ごとは嫌いだよね。「ありがとう」を無駄にしたくないんだよね。一言では言い表せないことがたくさんあるんだよね。20年目だから終わりなわけでもないし、21年目から始まりなわけでもないんだよね。1年1年、大事に歩んでくれてるんだよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それと、

それ全部、音楽で伝えてくれてありがとう。

 

5×20

忘れたくないの。メロディーとか歌詞とかだけじゃなくて。

5色の光も、モニターに映った写真も、涙を拭ったことも、

空気とか、匂いとか、振動とか、歌ってるときの表情とか全部。

 全部、くれてありがとう。

 

これから続く長旅が無事でありますように。

 

 

愛だけは

2015年10月29日

 

札幌はもう初雪が降っていたらしい。

 

今年はまだ。

 

私、3年前の今日絶対髪結んでた。今日は結んでないけど。今年はもう着ないと決めたコート、もう出しておいてたかも。

 

3年前、毎日喋ってたあの子とはお互い場所が変わったし。

今日喋ったあの子は3年前には出会ってないわけで。

 

 

起きる時間も寝る時間も

朝ご飯も晩ご飯も

髪型も着てる服も隣の人も

空の色さえ、3年前の今日と一緒じゃない。

変わらないことって。

まあきっとあるけどさ。難しいよな。

 

 

 

 

 

ただ3年前、いや、その前からずっと、枯れないまま咲き続けてくれてる花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:orangemoon5:20181029231141p:image

私の永遠に枯れない花

 

 

 

伊藤万理華『はじまりか、』でアイドル好きは全員泣く

2017年12月23日に乃木坂46を卒業した伊藤万理華の個展「伊藤万理華の脳内博覧会」にて使用されたPV『はじまりか、』

結論から言うとこれ見たら“アイドル”というものが好きな人は100000000000%泣きます。涙の雨、いや滝。

 

私は乃木坂についてそんなに詳しいわけではなく、伊藤万理華のヲタクやってたわけでもないので盲目的に、贔屓目に「絶対泣くから!!」と言っているわけではないのです。ていうか、だから自分が一番びっくりしてんだよ。

伊藤万理華のことは、乃木坂が好きな友人から名前を聞いたことがあって、勧められたPV見て、立ち位置のこととか教えてもらって、そんくらい。ほんと、知ってることなんて顔と名前だけでどんなキャラかも何が好きかも私はたいして知らなかったんですよ。

 

www.youtube.com

 

…………鼻痛ぇ。喉も痛ぇし。泣くまいとしても涙がこぼれ落ちるときって、どうしてこう喉が痛くなるんだろうね。「目頭が熱くなる」。感動して涙ぐむことの例え…いや、例えっていうかマジでこれ見てる間ずっと目ェ熱いから。涙で目ェパンパンだから。なんだこれ。泣くだろーが。伊藤万理華のことなんにも知らないけど、そんなの関係ねぇよ。もう万理華の歌声を思い出すだけで涙ぐむ身体になっちゃってんだよこっちは。

 

『はじまりか、』の歌詞は伊藤万理華自身の作詞ではないものの、言うなれば万理華からのお手紙で、「万理華が書いたの?」ってぐらいストレートに心に「乃木坂46 伊藤万理華」をぶち込んでくる。でもこのお手紙は、お手紙に見せかけて実はお手紙ではなく、伊藤万理華が主人公の一つの物語だったらしい。あの、私が勝手に言ってるだけです。

 

『はじまりか、』を見た後に万理華のことをざっと調べたんですけど伊藤家は父親がグラフィックデザイナー、母親がファッションデザイナーの芸術一家らしく、それを知ったときなるほどな、と思いました。

何が言いたいかって言うと私が『はじまりか、』で受けた感動に、万理華自身の“表現力”が一役も二役も買ってるってことです。

こればっかりはもう見てもらわないことには伝わらないんでぜひ見てほしいんですけど、逆に言えば一回見ればもう全部分かるから!たのむ………………正直この歌を文字(歌詞)だけで受け取ったら、感動が20分の1ぐらいになってしまう。ましてや伊藤万理華を知らない人だったらその5倍は感動できない。そのくらい伊藤万理華の歌と踊りには魅力があるということです。「アイドル 伊藤万理華」バカに出来ねぇ。もうさ、万理華が歌うこと、全部こっちのセリフだろ!!!!!!!!ってところがあるんだよ。ファンに対しての感謝を歌うところなんだけどさ。こんなに「こっちのセリフ」のオンパレードある?っつって。初めて聴いたときに「いやこっちのセリ…こっちのセ……セ……………………」って「こっちのセリフだろ」のツッコミを諦めた程のオンパレードだからな。そんで、歌い方がクるんだよ。自分の色のサイリウムを「星みたいで すごく 綺麗だった」って歌うところなんか、もう、ほんと、やめろよ。儚いんだよ。

 

『はじまりか、』が、伊藤万理華が主人公の一つの物語っていう見方は、あながち間違ってないと思うんだ。そんで、アイドルは虚像だとつくづく思う。万理華は特に、自分を魅せるのも、自分を隠すのも、自分を作るのも上手い。自分がリアルではなく虚像になれればなれる人ほど、きっとアイドルらしい。『はじまりか、』を見終わった後、夢から覚めた気分になる。それってつまり、伊藤万理華伊藤万理華という虚像を通して夢を見せるのが、すごく上手いってことじゃないか?

 

………………

りっかきくけ〜♪困ったときは〜コトバの魔法〜へーんしん!まりっかりっか

 

 

aikoの書く歌詞が天才のソレ

aikoの曲を聴くときに「共感する〜」「aiko分かってる〜」「この気持ちある〜」みたいな感じで私は聴いてないんですよ。“歌詞に共感する”ことが全くない訳じゃないけど、aikoの書く歌詞が天才すぎて「それをそうやって表現すんの…?ヤベェ…すげぇ…」「これってもしかしてそういうこと…?うわオシャレ…」みたいな感覚が先に来る。というかその感覚になりたくて聴きにいってるところがある。例えば

 

 

星がない世界なら 目を閉じて証明するのに

 

 

みたいな歌詞。意訳すれば、「星がないような真っ暗なところでもあなた(好きな人)を絶対見つけることが出来る程想ってる」っていうことなんだけど、、、こういうことなんですよ、分かるかな、こういうのを探してaiko聴いてるんですよ私はずっと。「好き」を「好き」と言わずいかに伝えるかみたいなことは、色んなソングライターがやってるじゃないですか。そのレベルがaikoは頭一つ抜けてるんですよね。

 

 

さようなら

あなたに言われたらって

涙で静かに月が溶けた

 

 

、、、、天才のソレだろ。涙で目が濡れてその状態で空を見上げたら月が歪んで見える、、っていうのをこんな表現するか?月が溶けたって。オイ。

 

私はロマンチックな歌詞が好きなんで、こういう綺麗な表現たまんねぇんですよ。あと、一回読んですぐ理解出来ない感じ。一瞬考えて「、、、あぁ」の感じ。ていうか真の意味からねじられてる歌詞を解説するのちょっと恥ずかしいから歌詞を読んでこのaikoの歌詞の凄さ、ロマンチックさ、着眼点とか言い回しとか諸々を感じとってほしい。いくつか紹介しておきます。読み終わったあとaikoを聴きにいったらaikoの勝ちです。

 

 


あなたに好きだと言う事は

世界が眠りについた空の星屑を集めても足りない 勇気がないな

/うん。

 

言い回しロマンチックパターンの歌詞。たまらん。タイトル「うん。」の意味が曲の最後の歌詞で分かる感じもたまらん。

 

 

君を失う悲しみに比べれば

想う苦しみなど幸せなより道

/より道 

 

この流れで「より道」 って言葉を使えるセンスを持った女はaikoしかいねえ!他は引っ込んでろ!!

 


指の間絡ませて繋いでたこの手が

大人な握手に変わっても

/明日もいつも通りに

 

「、、、ウワァーーーーー!!!!」ってなるよね。なったでしょ。

 

 

 

例えば僕を盾にしてその大きな道を通れるなら

裏切られても信じていられる君だからこそいいよいいよ

/テレビゲーム

 

この曲フルで聴いた方がいい。タイトルがいい。

 

 


鼻先をくすぐる春 リンと立つのは空の青い夏

袖を風が過ぎるは秋中 そう気がつけば真横を通る冬

/カブトムシ

 

これは“春夏秋冬”の表し方で世界一好きなんですよね。

 


あたしの泣き言好き?

うれしい話気に入らない?

悪口はもっと好きみたいね

そんなあなたをあたしは嫌い

/悪口

 

「好き」と「嫌い」の使い方が上手すぎる。

 

 


海をハサミで切ってLove Letter書こうかな

/Power of Love

 

これもたまんねぇんですよ。こういうのずるい。

 


フライパンの流星群

蒸発する水は綺麗

空っぽの頭に響いた

あなたを想う程に弾ける

小さなマイナスは破裂する

/You&Me both

 

 

何回か読み返しちゃうパターンのやつ。あぁ〜〜いい〜〜〜よすぎる〜〜〜〜〜。

 

 


もっと心躍る世界がすぐ隣にあったとしても

乱れたあなたの髪に触れられるこの世界がいい

/milk

 

オシャレすぎる〜〜〜〜!!!!!

 

 

 

冷たい床と暖かい冷蔵庫にもたれて眠る

/深海冷蔵庫

 

いやこれ天才だろ。ヤバすぎるだろ。なにがヤバいか分かんねぇヤツは冷蔵庫触れ。

鞘師里保を誤解するな

モーニング娘。20周年のインタビュー本読みました。私が好きになった鞘師里保は、二十歳になっても私が好きな鞘師里保だった。私は元々ずっと鞘師のこと大人な子だなと思ってたけど、あの、ホントどこまで成長するんですか?二十歳でこんな大人な考え方できる人いないと思うんですが。…そういう心の成長について書きたいことは山程あるんだけど一旦それ置いといて言わせてくれよ。あのさ、マジで鞘師里保はアイドルの中のアイドル。昔から写真を撮られるのは好きだし目立ちたがりだし負けず嫌いだしモーニング娘。は好きだしそんなの天性のアイドルじゃん。私は鞘師が最初に目指した道がアーティストでもなくダンサーでもなく書道家でもなくアイドルであったことが必然だと思うし正解だと思うしその事実が単純にたまらなく嬉しい。私がアイドルに絶対あってほしいもの、必要だと思うものが向上心と愛想の良さなんだけど鞘師はそれどっちもMAXレベルであるんだよ。だから何回でもいうけど「良い意味でアイドル向いてない」とか「アイドルらしくない」は鞘師のこと全然褒めれてないからな。アイドルをなんだと思ってるんだ。私はこんなにアイドルらしい鞘師をそんな風に感じたこと一回もない。言ってる人に悪気がある訳じゃなくむしろ褒めようとしているのは分かるし鞘師のパフォーマンスを「他のアイドルがやっていることよりも質がいい」っていう意味を含めて言っているんだろうけどあの男前で格好いいパフォーマンスこそ「アイドル」のものだよ。「アイドル」の質を自分たちで勝手に下げるなよ。アイドルのパフォーマンスのレベルに上限なんてないし誰も決められない。「歌がちょっと下手なくらいがアイドル」「踊りがちょっと踊れないくらいがアイドル」ってそれ誰が言ったんだ?鞘師を好きになったんだったらそうじゃないって分かるだろ。モーニング娘。だった鞘師をアーティストだのパフォーマーだのにしないでくれよ。それと同時にもう一個言わせてくれ。鞘師がエースの重圧でセンターであることが負担になってたみたいなストーリー、鞘師が在籍してたときからマジご勘弁。重圧とかプレッシャーが全くない訳はないよ鞘師自身もそう仰ってることですし?でもそういう気持ち以上に鞘師はずっと自分がセンターであることに誇り持ってたよ!!!!!!!!!!!!最初にも言ったけど鞘師里保ってぇのは負けず嫌いで目立ちたがりな女の子なんだよ。愛ちゃんやれいなとツートップみたいな形でメイン張ってたときも重圧よりむしろパフォーマンスが楽しくて出来ることが増えるのが嬉しいって感じるような人だしセンターを外されるのはモーニング娘。に入って嬉しいっていう気持ちよりも強い「悔しい」を感じるような人だよ。私は「こんな私がセンターでいいのかな」って不安になったりせずに「私がセンターだ」って胸張って立っていられる鞘師は強いと思ってた。別に見てて不安になんかならなかったし特別心配もしなかった。仮に、仮に鞘師の「重圧なんてそこまでないですよ。センターに立てる嬉しさの方が強いですよ」っていう言葉や態度が表向きに用意してくれている嘘だったとしても、表に出ることがそれだけだったら深追いせずに私はそれを信じて疑いはしない。私はそうやってファンの人に言ってくれる、思わせてくれる鞘師のことをめちゃくちゃ格好いいと思うから。

 

あぁぁそれにしても本当に二年半でこんなにも成長するのですか。読んでてうれしいとかさみしいとか感じる前に感心して読み終えてしまった。常々思っていることだけど鞘師に嫌なところが見つからない。好きとか嫌いとかじゃなくて人間として「イヤ」なところがひっっっっっっとつもない。見つけようとしている訳じゃないが全く見つからない。鞘師は小学生の自分を「大人になれないくせに大人ぶって」と言ったり在籍してる時の自分に対して反省したりしてるけど、ずっと鞘師は私から見て十二分に大人だった。ずっと尊敬してた。随分格好いい生き方をするなと思ってたんだよ。だからこれ以上大人になる鞘師なんて想像出来なかったのに、私が知らない間に鞘師はまた大人になっていて、本当、どこまでも雲の上の人だ。私は鞘師をずっと見上げているから、常に私の目の上に居て、眩しい光でくらませてくれよ。いつかまたその顔を見れる日が来たなら、今度は涙で前が見えないだろうけど。