パネルを持つニノが愛おしい

フジテレビの番宣番組ことVS嵐こういうこと言うと潤くんに怒られます。

 

しかし実際VS嵐の番宣率は異常で、大体ゲストチームが番宣じゃなかったらプラスワンが番宣、プラスワンが番宣じゃなかったらゲストチームが番宣です。そりゃもちろん「チーム・元ラグビー部VSプラスワン菊地亜美」みたいな番宣皆無回のときも全然あるよ!あるけど!!!ていうかチーム・元ラグビー部ってなに?

 

VS嵐はゲストチームが番宣で来たら、ゲストチームの誰かがドラマや映画のパネルを持ってオープニングで宣伝します。見たことあるね?だがしかし!!プラスワンは番宣であろうとも基本手ぶらで来るのです!!!たまに花束を持ってるヤツがいますが。

 

そこでこの男二宮和也。なんと立ち位置が端というだけでプラスワンが番宣するためのパネルをスタッフから渡される男。そして毎回なんの文句も言わずパネルを掲げるという仕事に徹する二宮氏。

 

この「パネル持ちの二宮和也」を一部の人間は愛でるようにして楽しんでいるという事実が……あります!!!!!パネル持ってるだけなのに!!!!!!!!

 

意味がわからない人は以下私のHDDにまだ残っていたVS嵐の「パネル持ちの二宮和也」を一緒に愛でましょう。

 

f:id:orangemoon5:20190209205047p:image

これです。これは気付いたら既に持ってるパターンです。

f:id:orangemoon5:20190209205041p:image

感情殺した?みたいな顔でパネルを持つニノ。

 

f:id:orangemoon5:20190209210132p:image

おっきいのは置いちゃう。

f:id:orangemoon5:20190209210247p:image

このときは掲げる気がない

 

f:id:orangemoon5:20190209212415p:image

おいーーーー!!!見ろーーーー!!!!!!!パネル持ちの二宮和也の一番の愛でポイントは手です!!!!

f:id:orangemoon5:20190209212704p:image

いや、そんな、、、、、そんな縁持つ?ってぐらいギリギリでパネルを持つニノ。ウケる。そんな縁持たなくても。作品への配慮?いとしい。

 

f:id:orangemoon5:20190209220952p:image

渡された!!みんなかざぽんしか見てない!
f:id:orangemoon5:20190209221006p:image

会話盛り上がっちゃってるけどパネル持つよ!

f:id:orangemoon5:20190209221012p:image

パネル持って待つよ!
f:id:orangemoon5:20190209220959p:image

やっとパネル見てくれたよ!!いやニノはどこ見てるの?

f:id:orangemoon5:20190209221301p:image

お顔が映らなくても気にしない。
f:id:orangemoon5:20190209221307p:image

ずっと持ってくれてる。
f:id:orangemoon5:20190209221315p:image

にのちゃんも見たいよね!!

 

f:id:orangemoon5:20190209225000p:image

後輩ちゃんのパネルも持つよ!
f:id:orangemoon5:20190209225007p:image

パネル大きいね?
f:id:orangemoon5:20190209225030p:image

まあ後輩ちゃんのためだし!
f:id:orangemoon5:20190209224953p:image

いやお前も出とるんかーーーーーーーーーーーーーーーい
f:id:orangemoon5:20190209225014p:image

いい映画だよね
f:id:orangemoon5:20190209225023p:image

かわいい!!!!!!

 

f:id:orangemoon5:20190209221632p:image

マジで気付いたら既に持っている。そんな指広げなくてもいいんじゃない?

f:id:orangemoon5:20190209221747p:image

おっ
f:id:orangemoon5:20190209221819p:image
f:id:orangemoon5:20190209221812p:image
f:id:orangemoon5:20190209221759p:image
f:id:orangemoon5:20190209221806p:image
f:id:orangemoon5:20190209221753p:image
f:id:orangemoon5:20190209221828p:image

f:id:orangemoon5:20190209222019p:image

かわいすぎるので許した。

f:id:orangemoon5:20190209222153p:image

ふざけたけどちゃんと持つよ。
f:id:orangemoon5:20190209222146p:image

ひょっこりを覚えたよ!

 

f:id:orangemoon5:20190209222456j:image

すごいアングルだ!!!!!!
f:id:orangemoon5:20190209222309j:image

おっきいパネルもがんばるよ
f:id:orangemoon5:20190209222501j:image

パネル担当は見た!!!!!

f:id:orangemoon5:20190209222652j:image

さすが相葉た…パネル担当!!!

f:id:orangemoon5:20190209222453j:image

掲げることには抜かりないよ

 

f:id:orangemoon5:20190209223424p:image

大野くんいつもパネル見てくれるのよ
f:id:orangemoon5:20190209223334p:image

また縁持ってら

 

f:id:orangemoon5:20190209223340p:image

早くお知らせした方がいいと言われる珍しいパターン

f:id:orangemoon5:20190209223356p:image

いつでもOKですよ
f:id:orangemoon5:20190209223410p:image

顔は見えないけどこの仕事はニノじゃなきゃダメなのよ
f:id:orangemoon5:20190209223349p:image

おててがいとしいよ

f:id:orangemoon5:20190209223417p:image

ちょいちょいひょっこりするよ
f:id:orangemoon5:20190209223327p:imagef:id:orangemoon5:20190209224211p:image

上下に揺らしたりして!!パネル担当が板に付いている。もうパネル担当というよりパネル職人と呼ぶべきか。

いや〜〜〜〜この健気なパネル担当を愛さずに何を愛すのか?もうパネル担当のニノを“ただパネル持ってるやつ”として見るのは無理じゃない?ニノは何を思ってパネルを持っているんだろう?パネルを持つとはなんなのか?そもそもパネルとは?……あと何回、パネルを持つニノを愛でることができるのだろう…………………………………………。

 

 

 

 

 

 

f:id:orangemoon5:20190209230800p:image
f:id:orangemoon5:20190209230806p:image

 

いとしいよ、ニノ。

 

 

 

 

 

「嫌い」は「好き」の証明である

そもそもこの、最後の長尺の挨拶が久しぶりだったのだ。

順番が回ってきたら、この人は何て言うんだろう。なんて考えてた。

 

「この20年5人でやってきてどうでしたか?っていう質問が、僕は大嫌いです。最近よく聞かれるんだけども。じゃ、お前らに分かるんだな?と」

 

今日のお礼を述べた後すぐそう言った。

なんでか分からないけどそれ聞いたとき、ああわたし、今からこの人が言うこと、絶対に忘れたらダメだ!って思った。それはもう、直感とか本能とかそういう類のもので。会場にいる5万人が呼吸を止めた気すらした。いや、私が息を吸うことを忘れていただけかもしれない。

 

「甘っちょろい20年じゃないし、人生ぶん投げて20年肩組んで、1日1日過ごすっていうのは、たぶんこの4人しかわからない。」

「翔ちゃんも言ってたけど、その4人が、減ることもなきゃ、謎に増えることもなく。やってこられたっていうのは財産だなと。」

 

そうだった。二宮和也はいつもそうだ。

ずっと見てきたから、ずっと聞いてきたから分かるよ。あなたが、誰よりも嵐のことを信じていることを。あなたが、誰よりも嵐のファンであることを。あなたが、誰よりも嵐を想っていることを。だって、そうでしょ。「5人」って言ってもいいところを「4人」って言う癖も知っているんだよ。私はこの癖が結構、ていうかだいぶ、好きなんだ。ニノの瞳には、20年間ずっと変わらず4人が映っているんだね。

ニノはよく自分のこと「めんどくさい人間」なんて言うし、わたしも(ニノってば、またこんな遠回りな言い方しちゃって、そういうめんどくさいとこ、ほんとかわいいよね!)なんて思ったりすることたくさんあるけど、初日の挨拶、めんどくさいこと言うなぁなんて、1ミリも思わなかったよ。そんで、パンフレットの翔ちゃんのニノに対する文が、これほどこの挨拶を表してることもないんじゃないか、とも思う。

私は、あの翔ちゃんが紡いだニノに対する言葉が、思いが、一番好きだ。基本的な物事の捉え方が違う二人が、初日の挨拶でこぼす言葉は同じだった。「この5人で変わらず、共に歩んでこれたことが財産である」と。

ニノは、というかまあ他の4人もそうだろうけど、「この5人がいればいい」んじゃないんだよね。「この5人じゃないとだめ」なんだよ。「謎に増えることもなく」っていうニノの言葉は、本人もちょっとしたユーモアのつもりだったかもしれないし、会場も少し笑ってたけど、結構大事なことだ。二宮和也はもし嵐が4人になったら辞めるだろうけど、6人になっても辞めるような人だから。挨拶を聞いてる間、そりゃ涙は止まらなかったけど、別に意外だったことは一つもない。でも改めて、というか、こんなに思いをストレートに聞く機会は中々ないから、ハッとしたのは事実。

でも、ずっとそうなんだ。二宮和也は。

「4人にしか分からない」って思ってることも分かってるよ。分かりきったことの確認は嫌いだよね。

 

それと、

それ全部、音楽で伝えてくれてありがとう。

 

5×20

忘れたくないの。メロディーとか歌詞とか、もちろんだけどそういうのだけじゃなくて

モニターに映った写真も、

涙を拭ったことも、

空気とか、匂いとか、振動とか、歌ってるときの表情とか全部。全部くれて、ありがとう。

 

鞘師里保を誤解するな

モーニング娘。20周年のインタビュー本読みました。私が好きになった鞘師里保は、二十歳になっても私が好きな鞘師里保だった。私は元々ずっと鞘師のこと大人な子だなと思ってたけど、あの、ホントどこまで成長するんですか?二十歳でこんな大人な考え方できる人いないと思うんですが。…そういう心の成長について書きたいことは山程あるんだけど一旦それ置いといて言わせてくれよ。あのさ、マジで鞘師里保はアイドルの中のアイドル。昔から写真を撮られるのは好きだし目立ちたがりだし負けず嫌いだしモーニング娘。は好きだしそんなの天性のアイドルじゃん。私は鞘師が最初に目指した道がアーティストでもなくダンサーでもなく書道家でもなくアイドルであったことが必然だと思うし正解だと思うしその事実が単純にたまらなく嬉しい。何回でもいうけど「良い意味でアイドル向いてない」とか「アイドルらしくない」は鞘師のこと全然褒めれてないからな。アイドルをなんだと思ってるんだ。私はこんなにアイドルらしい鞘師をそんな風に感じたこと一回もない。言ってる人に悪気がある訳じゃなくむしろ褒めようとしているのは分かるし鞘師のパフォーマンスを「他のアイドルがやっていることよりも質がいい」っていう意味を含めて言っているんだろうけどあの男前で格好いいパフォーマンスこそ「アイドル」のものだよ。「アイドル」の質を自分たちで勝手に下げるなよ。アイドルのパフォーマンスのレベルに上限なんてないし誰も決められない。「歌がちょっと下手なくらいがアイドル」「踊りがちょっと踊れないくらいがアイドル」ってそれ誰が言ったんだ?鞘師を好きになったんだったらそうじゃないって分かるだろ。モーニング娘。だった鞘師をアーティストだのパフォーマーだのにしないでくれよ。それと同時にもう一個言わせてくれ。鞘師がエースの重圧でセンターであることが負担になってたみたいなストーリー、鞘師が在籍してたときからマジご勘弁。重圧とかプレッシャーが全くない訳はないよ鞘師自身もそう仰ってることですし?でもそういう気持ち以上に鞘師はずっと自分がセンターであることに誇り持ってたよ!!!!!!!!!!!!最初にも言ったけど鞘師里保ってぇのは負けず嫌いで目立ちたがりな女の子なんだよ。愛ちゃんやれいなとツートップみたいな形でメイン張ってたときも重圧よりむしろパフォーマンスが楽しくて出来ることが増えるのが嬉しいって感じるような人だしセンターを外されるのはモーニング娘。に入って嬉しいっていう気持ちよりも強い「悔しい」を感じるような人だよ。私は「こんな私がセンターでいいのかな」って不安になったりせずに「私がセンターだ」って胸張って立っていられる鞘師は強いと思ってた。別に見てて不安になんかならなかったし特別心配もしなかった。仮に、仮に鞘師の「重圧なんてそこまでないですよ。センターに立てる嬉しさの方が強いですよ」っていう言葉や態度が表向きに用意してくれている嘘だったとしても、表に出ることがそれだけだったら深追いせずに私はそれを信じて疑いはしない。私はそうやってファンの人に言ってくれる、思わせてくれる鞘師のことをめちゃくちゃ格好いいと思うから。

 

あぁぁそれにしても本当に二年半でこんなにも成長するのですか。読んでてうれしいとかさみしいとか感じる前に感心して読み終えてしまった。常々思っていることだけど鞘師に嫌なところが見つからない。好きとか嫌いとかじゃなくて人間として「イヤ」なところがひっっっっっっとつもない。見つけようとしている訳じゃないが全く見つからない。鞘師は小学生の自分を「大人になれないくせに大人ぶって」と言ったり在籍してる時の自分に対して反省したりしてるけど、ずっと鞘師は私から見て十二分に大人だった。ずっと尊敬してた。随分格好いい生き方をするなと思ってたんだよ。だからこれ以上大人になる鞘師なんて想像出来なかったのに、私が知らない間に鞘師はまた大人になっていて、本当、どこまでも雲の上の人だ。私は鞘師をずっと見上げているから、常に私の目の上に居て、眩しい光でくらませてくれよ。いつかまたその顔を見れる日が来たなら、今度は涙で前が見えないだろうけど。